新ルート「石狩砂丘と新港工業団地を巡る道」公開


新ルート「石狩砂丘と新港工業団地を巡る道」を公開しました!

このルートは、新川河口から石狩湾新港西側にかけての海岸部、および石狩湾新港工業団地を巡るルートです。全国でもまれに見る豊かな自然を満喫できる海浜エリアと、工業団地造成地や巨大工場群などの人工物に囲まれたエリアという、全く対照的な景観を楽しめます。

江戸時代に松浦武四郎が歩いた海岸、明治から昭和にかけて、この地に発展した樽川村の記念碑、現代のスケールの大きな工場群や全道一の規模となるLNG火力発電所の建設地など、過去から未来へダイナミックに変貌を続ける地域です。

ルートの詳細については、フットパスのページにて公開しています。

また、このページの右にあるメニューからPDFファイルをダウンロードすることもできます。

是非、ご活用下さい。

カウンター カウンター

このサイトのシェアはこちらから

パンフレット
未来に残そう石狩海岸の自然.pdf
PDFファイル 4.2 MB

石狩海岸フットパス

〜ルートマップ〜

石狩砂丘と新港工業団地を巡る道.pdf
PDFファイル 2.6 MB
新川河口・旧小樽内川跡とカシワ林の道.pdf
PDFファイル 3.2 MB
新港東から本町へのうみべみち.pdf
PDFファイル 3.7 MB